恋愛がテーマで【ネズミ倉をうがつつの象】山地剥

おはようございます。
恋愛がテーマで【ネズミ倉をうがつつの象】山地剥(さんちはく)が出たらどうよむか?
この卦は土台から崩れ落ちる意味がある。
恋愛の時に出たら「相手の別の人が現れ」二人の関係が崩れ落ちる。婚姻にも良くないよね。
でも、人の心は簡単に離れられない場合もある。そんな時は「時の薬」で解決です。
焦ってジタバタすればもっと良くない。
なので、他の人(特に弱者)に笑顔を向け、相手の話を聞きましょう。何が「この人の為に動けるか」を考えた行動を100日間やってみようね。100日過ぎてもう一度占ってみましょう。なので「今は考えない」が一番。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立夏(5/5日~5/20

夏の立つがゆへ也

(暦便覧)

この日から立秋の前日までが夏。

野山に新緑に彩られ、夏の気配が感じられるようになる。

七十二候

竹笋生(たけのこしょうず)

たけのこがひょっこり顔を出す頃。

(立夏:末候)

たけのこは伸びるのが速いことから、「筍」という漢字は10日間を意味する「旬」から来ているとも言われています。

5月15日~5月20日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。