子育ての取り扱い説明書

おはようございます

 

就活中の22歳の三男が「俺の運気鑑定書もつくってよ」という。

 

しかたなく・・・・作って帰宅、夕食後で読み方を説明。

 

運気鑑定のテーマは生年月日から【今という時】が見てわかるようになっている。

 

5枚の資料の最後には、生年月日から算出される凶を持つお客様には

凶意を説明する資料がついている。

 

彼にもあった

 

願いが叶いにくいという意味の凶意が・・・・・・

 

ちょっと気を使って「凶」という漢字の持つ意味で説明する。

 

凶という漢字は箱の中から芽が出ると書く。

 

人は押し込められたり、抑えられたりしたら苦しい。

 

そんな苦しい状況にあっても自分なりの芽を出す。

 

どんな苦悩も苦労も乗り越えられる知恵を君はもって生まれてきた。

 

就活は辛そうに思えるけど、大丈夫・・・・・・きっと、乗り越えられる

 

そう伝えると笑顔になって「乗り越えられるんだ」と喜んでいた。

 

現実は甘くはない、でもきっと悩みが出てきたら、この運気鑑定を出して読み直すだろう

 

子育ては面白いね

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大雪12/7日~12/21

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)

大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

七十二候

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

天地の気が塞がって冬となる。

 空は重い雲に覆われ、生き物はじっと気をひそめています。

(大雪:初候)

*12月7日~12月11日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。