今日の音は【陽の壬辰と陰の癸巳】

おはようございます。

 

気学の読み方に【時には音が納められている】というのがある。

 

それが「納音(なっちん)」。

 

干支は「壬辰」と「癸巳」で、

 納められている音は【長流水性(ちょうりゅうすいせい)】という音。

 

外観はむしろ静なる如き長江の流れである。

 

日夜、悠々と流れて目的地に至る鷹揚の感あり。

 

素敵だよね

 

なんか優雅さを感じる。

 

この音には陰陽がある

 

◆10月22日は、陽は外に向かって行動する。

 

しかも「壬辰(みずのえ たつ)」なので壬で進化し、辰で理想に向かう。

 

辰は土星と木星を持つので、理想という目的に向かい土台を作る。

 

◆10月23日は、陰の「癸巳(みずのと み)」となる。

 

陰は内面を固める。

 

癸で「学ぶ・調べる・調査する」

 

どこまでも続けられる「静けさ」をもつ・・・・・継続は楽しさから生まれる。

 

そして、巳は理想に向かい変化し続ける。

 

陰の明確になるまで変化し続ける

 

■陰陽は進化する強さを育てる

 

そんなヒントを天(時)から学ぶことができる。

 

毎日、いろんな事を教えてくれる気学は面白い

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

紅花栄  (べにばな さかう)

紅花が咲き誇るころ。

(小満:次候 )

推古天皇の時代(6世紀末から7世紀初め)に朝鮮半島を経て渡来。

江戸時代には『紅一匁(もんめ)金一匁』と大変高価な染料でした。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。