相克関係は火と水

おはようございます。

今日は一白水星と九紫火星の水と火の相剋で考る。

水のとっての火の相剋はどんな意味を持つか?

勢いついて大きく燃え上がった火は多くの物を焼き尽くしてしまう。

そんな時に水は火を役に立つ「炉の火」のようにコントロールする。

水の役割は強いものを調整して、程よくすることができる。

これが火に対する水の役割。

冷静になり、周囲をしっかり分析して、失敗の少ない動き方。

これによって火は熱く焼くではなく、あっためてくれる火となり、価値のある物になる。

気学はすべての物を、人を、自然を使えるようにする。

互いを知り、互いが譲り合い、そして協力することに価値がある。

これを一番教えてくれるのが火と水の相剋なのです。

幸せを「仕合せ」と読ませる。

自然も人間もすべての物や生き物が互いに存在を認め、使え合う事が生きるという事。

人間の陰陽は自分の中にもある。

この陰陽を使うという事は知る事から始まる。

運命、宿命、使命、知命、立命の「知命」がこのことを意味する。

面白いよね、気学やめられない。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大暑(7/22日~8/6

暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)

最も暑い頃という意味であるが実際はもう少し後か。夏の土用の時期である。

七十二候

土潤溽暑(つち うるおいて あつし)

「土が湿って蒸暑くなる」といった意味。(大暑:次候)

* 7月28日~8月1日ごろ

季節は晩夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。