優しい相剋の一白水星にとっての二黒土星

おはようございます。

癒しの相剋は一白水星にとっての二黒土星の関係。

一白水星にとっては「相手から」剋される。

純粋な一白水星にとって、土は川の水をせきとめ水を腐らせるので「土剋水(どこくすい)」となる。

 

相剋と聞くと相当に嫌われる。

ところが、二黒土星の土は「安定した心を育ててくれる」。

 

考えすぎたり、いろんなことが気になる一白は「考え」すぎる傾向がある。

でも、二黒は深く考えない。

 

相手の笑顔が見たいだけ、ただそれだけ。

「優しく相手の気持ちに添う」そんな関係で満足する。

 

一白の「考える」を止める事ができる五行は他にはない。

木や火や金では水(津波)の勢いには勝てない。

止められるのは五行の土だけ。

 

しかも、癒してくれるのは母の星の二黒土星が一番。

何故なら二黒は自分から考える事はしない、意識は「自分よりも相手の為に」動きたい。

なので一白と二黒の相剋は「癒し」の優しい剋なのです。

 

土は土でも、本気で新しいアイデアを造りたいときには、五黄土星の爆発と破壊が一番。

 

そして、変わりたいときの土は八白土星となる。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大雪12/7日~12/21

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)

大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

七十二候

熊蟄穴(くまあなにこもる)

熊が冬眠のために穴に隠れる 。 

(大雪:次候)

*12月12日~12月15日ごろ

季節は仲冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。