令和元年7月4日生まれの男子の育て方

おはようございます。

2019年7月4日

生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は七赤金星。

生日は七赤金星。壬寅。

傾斜は六白金星。

宿命は一白水星。

幼い頃は明るく楽しく笑顔のたえないかわいい子。

大人になると、責任感と承認欲求が強くなるので、認められて安定して育つと人の話を聞いてしっかり考える人となる。

でも、周囲から疎まれて育ってしまうと性格がゆがんでしまうので、嫌われる性格となる。

 

学業は安定した精神状態で育つと、しっかりと考えて勉強するので成績優秀。

就職しても順調に出世する人となる。

 

でも、家族から疎まれて育ってしまうと人間関係構築が下手で嫌われ者になってしまう。

就職しても職を転々と変える事になり、寂しい老後になる。

 

「人に感動を与える為に生れてきた人」なのに冷静に考えることが苦手とご先祖様は心配している。

 

成人した彼が悩むのは「認められたいけどやり方がわからない」ではないかと思う。

 

言葉のキャッチボールは相手をみて投げるという事が基本。

相手の人はどんな人で、どんな言葉を上手に受け止めることができるのかを考えてから投げる。

 

「あの人はどんな人?」を口癖にしてあげようね。

 

すると「最初に相手はどんな人か?」を考えて話すようになる。

 

きっと、誰からも信頼され認められる素敵な男性に育つでしょう(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード