平成31年1月31日生まれの男の子の育て方

今日生まれの男の子の育て方。

2019年1月31日木曜日。

中宮は二黒土星の象意は母、干支は戊辰、智慧を意味する十干「戊」は調整する事を意味し、十二支の「辰」は理想を表します。

性格は、年と日の星で読みますね。すると九紫火星の聡明さを持ち、二黒土星のやさしさを持つ、老若男女だれからも愛される子になる。

お勉強の取り組み方は、人の話をしっかり聞いて効率よく勉強できる人。

「早く結果を出して褒められる」為に生まれてきたような活発な男の子ちゃん。

でも、宿命に八白土星がくるのでしっかり考えて行動するための決断が弱いとある。

なので、この子を育てる時には「どうするかを教えて」と質問しよう。

うーーーーん、決められないといわれたら「何が必要?」って優しく言うと自分から決断できない理由を言います。

小さなことでも一つ一つの考える手順を教えてあげましょうね。

くれぐれの気分のままに動くようにすると、考える力の弱い子になります。

子育ては楽しみながらね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

地始凍(ちはじめてこおる)

大地が凍り始めるころ。

「凍る」は、水以外のものをいい、「氷る」は水が氷になることを云う

(立冬:次候)

*11月12日~11月16日ころ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。