困難が解ける雷水解

易の64卦40番は困難が解ける雷水解(らいすいかい)。

上爻は「公用て隼を高墉(こうよう)の上に射る。これを獲て、利あらざるなし」。

解(かい)の上爻です。

いちばん上にあるけれど身分は社長でなく会長が顧問といったところです。

これまでの困難は解決され、一応静かになったところです。

彼は穏やかで静かにみえますが、実は鋭い見識を持っている人なのです。

だから平和そうみ見える会社の中で、実力もないくせに権力志向が強くいろいろと取り入ろうとする部下の存在は見逃せません。

社長を超えて直訴にきたりすれば、すばやく抑え解雇します。

一見穏やかに見えても、本物か偽物かを見分けられる人なのです。

こういう人物がひかえていてくれれば、社長も安心です。

人物像でいえば苦労人で、穏やかに見えても鋭い心の目をもっていて、くだらない人間は寄せ付けない人でしょう。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。