星翔から:必要は発明の母

【必要は発明の母】 ウイツヤーレイ

 

必要にせまられ

 

発明が生まれる

 

電灯も結核治療薬も原子力も・・・・・

 

星翔にとって、必要だった。

 

電灯・・・・・筆耕するときに全体のバランスとるために

 

使っていた。

 

文字を書く人生にとって、もっとも必要だった(笑)

 

結核治療薬は一人目の妻は、結核だった。

 

終戦後の何もない時代・・・・高額すぎて苦しめられた。

 

原子力は広島原爆被害は彼の人生を大きく変えた。

 

きっと、そんなことを思いつつ書いたのでしょう(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満 (5/21日~6/5

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る也(暦便覧)
万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

紅花栄  (べにばな さかう)

紅花が咲き誇るころ。

(小満:次候)

* 5月26日~5月30日ごろ
季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。