タオの第79章 道(タオ)の忘れる力♪

不満や怨みの強く多い人は・・・・

 

慰めようとしても

 必ず後に何かが残ってしまう。

 

怨みがすべてなくなる事はない。

 

本人も辛いだろうと思う。

 

では、どうすれば良い?

 

不満や怨みの内容は何かと考えてみる。

 

金銭の貸し借りから起るとすれば・・・・・

 正義をとおそうと厳しく取り立てようとしないで

 忘れる側に廻るが良い(笑)

 

道(タオ)につながる人は、

 無尽蔵の虚のなかから

 取り出す。

 

そして・・・・忘れる。

 

虚の「豊かさ」知っている。

 

与えればすぐにまた

 湧き出し事をね。

 

怨みは根深いもの。

 

これを取り去るには

 「忘れる」ことしかない。

 

それには道(タオ)の「虚」の中から

 湧き出る力を用いる事。

 

道(タオ)はいつも、そういう人の

 後押しをしてくれる。

 

「怨み」というひとつの感情が

 無くなることだけでも

 人は・・・・

 この世は、落ち着いたものになる(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒 (1/20~ 2/3)

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)
一年で一番寒さの厳しい頃 。でも春はもう目前。

七十二候

款冬華(ふきのはなさく)

蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す 。

款を始めとした草花が、着実に春に向かっていることを知らせてくれます。

〔大寒の初

*1月20日~1月24日ごろ
季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。