タオの第61章 大きな国は姿勢を低くするのがいい♪

物事には陰陽がある。

 

男性が陽で女性が陰。

 

女性は静かに低いところにいて

 いくつもの川を受け入れる。

 

国も同じで、大きな国は低い姿勢のほうがいい。

 

川に例えれば・・・・

 

川はやがて三角州となるが、

 デルタのような姿が

 大きな国の有り方。

 

その国は低いところにいて

 いくつもの川を受け入れて

 すべてを自分のものにして

 母なる海に合流する。

 

大国がこういう姿勢でいれば・・・・

 小さな国は安心して共存する。

 

大自然の動きに沿う時

 世界の政治は治まる。

 

考えてみると・・・・納得するよね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

処暑 (8/8日~9/7

陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也(暦便覧)
萩の花が咲き、朝夕は心地よい涼風が吹く頃

七十二候

綿柎開(わたのはなじべひらく)

綿を包む咢(がく)が開ころ。(処暑:初候)

* 8月23日~8月27日ごろ
季節は初秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。