第二章 中医の蔵象学説の五臓の脾の四肢について 60頁♪

四肢は、躯幹(くかん)に対して末である。

 

「四末」とも云う。

 

四肢も脾胃が運化する水穀の精微で滋養しなければならない。

 

四肢への栄養の輸送は清陽の昇騰(しょうとう)宣発によるので、

 「黄帝内経の素問」の「陰陽応象大論篇」に

 「清陽は四支に実す」とある。

※「清陽の気は四肢に充実する」という意味。

 

脾は運化と昇清を主るので、脾気が健運されれば、四肢の栄養

 が充足し、軽勁(けいこう)有力になる。

 

脾が運化を失い、清陽が昇らなければ、倦怠無力が現れ、

 ひいては萎弱(いじゃく)不用になる。

 

※元気がなくなり、やる気がでなくなる・・・・あるよね~♪

 

◆脾の竅は口であり、その華は唇にある。

脾は口に開竅(かいきょう)するが、口腔は消化道の最上端なので

、味覚などは脾の運化功能と密接な関係がある。

 

味覚が正常か否かは、すべて脾胃の運化功能、すなわち脾の昇清と胃の降濁(こうだく)が正常か否かに依拠する。

 

脾胃の運化が健やかであれば、味覚が正常であり、食欲が増進する。

その逆であれば、口炎、口甜(こうてん:口の中があまい)、

 口膩(こうじ:ねばねばする)、口苦などの異常な感覚が

 現れるので、食欲に影響する。

 

唇のい色合いは全身の気血が充満しているか否かと関係がある。

 

脾が気血の化生の源であるので、唇が紅潤であるか否かは、全身の気血の状況の反映であるばかりか、脾胃の水穀の精微を運化する功能の状態の反映でもある。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/21~ 6/5)

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)
陽気がよくなり、草木が次第に生長して生い茂るという意味。

七十二候

紅花栄(べにばな さかう)

紅花(べにばな)が咲き誇るころ。

〔小満の次候

紅花はキク科の一年草または越年草。推古天皇の時代に朝鮮半島を経て渡来。安土・桃山から江戸時代にかけて、京染めの藍茜、紫根と共に代表的な染料として用いられた。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。