第二章 中医の蔵象学説は三つ 32頁♪

蔵象学説(ぞうしょうがくせつ)は、三つの要素が関わっている。

 

一つ目は、古代の解剖の知識で、形態学の基礎になった。

 

二つ目は、人体の生理、病理現象に対する長期にわたる観察。

 例えば、皮膚が涼を受け感冒になると、鼻塞、鼻水、咳嗽

   (がいそう:咳き込む事)などの証状が現れる。

   皮毛と鼻や肺との間に密接な関係があることを確認した。

 

三つ目は、臨床の実践。その試行錯誤の過程で病理現象と

 治療効果から人体の功能を分析、反証した。
 例えば、肝から着手すると治る眼病が多いので、年月がたつうち

  に「肝は目に開竅(かいきょ:つながる)する」と認識する。

 

蔵象学説の特徴は五臓を中心とする整体観である。
臓腑を陰陽にわけ、一陰一陽を表裏をなくし、臓と腑が一つの

整体であるとしている。

 

心 ←→ 小腸

肝 ←→ 胆

脾 ←→ 胃

肺 ←→ 大腸
腎 ←→ 膀胱
心包 ←→ 三焦(さんしょう)

 

これらが表裏の関係、五臓と六腑だよね。

 

一臓と一腑が表裏だという証拠に、経絡の循行路線の陰陽が相対し、絡み合うことをあげることができる。

 

『脾:臓』------> 『胃:腑』

 臓と腑との間には、生理功能上の密接な結びつきが存在する。

 

五臓は竅と整体をなし、それぞれ外候(がいそう:表面で現れる)
 例えば、心の華は顔にあり、その充実度が血脈に現れ、舌に

 開竅(かいきょ:つながる)する。
 脾の華は唇にあり、充実度が肌に現れ、口に開竅する。

 舌は心の外候だよねって事(笑)

 

この先もちょっと長いので今日はここまで♪

 

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

芒種 (6/6日~6/21

芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也(暦便覧)
稲の穂先のように芒(とげのようなもの)のある穀物の種まきをする頃。西日本では梅雨に入る頃。

七十二候

梅子黄(うめのみきばむ)

梅の実が黄ばんで熟すころです。

梅雨は、まさに梅の実が熟れる時季の雨。

(芒種:末候)

*6月16日~6月20日ごろ
季節は仲夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。