清明

日曜日の「暦の勉強会」まで後3日です。

今週月曜日は二十四節気の「春分」、七十二候では「雷乃発声」の末日でした。

 

東京は、夕方からの突然の雷雨に驚かされました!

二十四節気、七十二候は古代中国で考えられた太陽暦。
昔の人達が、何年も何年もかかって蓄積してきたデータを基に作られた四季の暦です。
だから今の時代でも活きているのですね。


春分も月曜日で終わり四月四日(火)から清明。
季節はもう晩春です。

 

最近、春が無く、冬から直ぐに夏になってしまうという声を聴きますが、

これを地球環境のせいにしていますが、

清明のこの時期は晩春で五月の立夏からもう初夏なのです。

人間の体が立春の春の兆しを感じることができず、

この時期に来てやっと春を感じ、

五月になると暑い暑いと。

春はどこへ行ったの?

なんて,言っているだけのかも(苦笑)

 

話を清明に戻します。


清明とは「清浄明潔(しょうじょうめいけつ)」を略したもの。

「草木が一斉に芽吹いて、清清しいので、この芽は何の草か分かる」という意味。
春先の清らかで生き生きとした様子を表したものです。
桜や草木の花が咲き始め、世の中に晴朗の気があふれてきます。

まさにこの通り、
東京は清明の日から清々しい天気。
気温も上昇し、昨日は20度に達しました。
桜も咲き誇り、草木に新しい芽が出始めています。

私たちの気持ちも清明の様に清々しい気分になりますね。

 

四月九日の暦の勉強は、志賀先生が分かりやすく楽しく話してくれます。

是非、ご参加ください。


易たま

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。