恋愛がテーマで【門内美を競うの象】の山火賁

おはようございます。
恋愛がテーマで【門内美を競うの象】の山火賁(さんかび)が出たらどうよみますか?
この卦は自分はの得ているが、相手は山のように変化する。婚姻は成立するかもしれないが喧嘩する可能性ありです。どうするといいか?それは自分の気持ちに忠実になって、相手のちょっとした言動に振り回されない事です。婚姻は恋愛とは違う事を知ろうね。
婚姻が進んだら冷静になる事です。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立夏(5/5日~5/20

夏の立つがゆへ也(暦便覧)

野山に新緑に彩られ、夏の気配が感じられるようになる。かえるが鳴き始め、竹の子が生えてくる頃。

七十二候

竹笋生(たけのこしょうず)

たけのこがひょっこり顔を出す頃。(立夏 :末候)

たけのこは伸びるのがとても速いことから、「筍」という漢字は10日間を意味する「旬」から来ているとも言われています。

*5月15日~5月20日ごろ

季節は初夏

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。