恋愛がテーマに水天需【密雲雨降らざるの象】

おはようございます。
恋愛がテーマに水天需(すいてんじゅ)【密雲雨降らざるの象】が出たらどう読むか?
今じゃないから成立しないよってこと。
でもね。この卦は待つだから時期を変えたら別の展開になるかもしれません。
周囲に笑顔を振りまいて、一緒に笑いながら待ちましょうね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

雨水2/19日~3/4

陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧)

 三寒四温(さんかんしおん)

寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいことをいいます。これを繰り返しながら、次第に暖かくなり、春へと向かいます。

七十二候

霞始靆(かすみはじめてたなびく)

霧やもやによって、遠くの山や景色がぼんやりと現れては消え、山野の風景がとても情緒的なころです。

(雨水:次候 )

*2月24日~2月29日ごろ

季節は初春。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。