良し悪しの結果の方程式

おはようございます。

 

気学では結果の良し悪しは志できまる。

 

「志(こころざし)」って何でしょう

 

意識の方向、それを象意(しょうい)といいます。

 

九星には、それぞれの星に象意がある。

 

例えば、一白水星はよく考えて結果を出す、だから遅いし、暗いし、周囲から理解されにくい。

 

九星気学は方位盤(羅針盤のようなもの)を基本に考える学問。

 

だから「〇〇だから、凶になる」と断言はしない。

 

人の幸不幸を断言してはいけない。

 

問題の存在はあっても小さければ気にならない

 

問題を大きくしない方法は100通りはある・・・・・・絶対にある。

 

この気学の原理を知る人の結果は必ず【解(かい)」を持つ。

 

なので、結果の良し悪しの方程式は、あきらめずに解を探す事。

 

その探し方を気学は教えてくれる。

 

ということで、可能性を信じようね

 

そして明日は、「気学は迷わない方法」を教えてくれます

人生・・・・・・面白いよね

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大雪12/7日~12/21

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)

大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

七十二候

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

天地の気が塞がって冬となる。

 空は重い雲に覆われ、生き物はじっと気をひそめています。

(大雪:初候)

*12月7日~12月11日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。