起業の思い出

おはようございます。

 

最近、起業の時期を教えてほしいと言う人が多い。

 

29歳で起業し31年間で学んだ事。

 

起業は登記する時期ではなく、「夢」を現実にしたいという願いが強くなる時のこと。

 

人は夢中になると時を忘れて頑張る(楽しむ)、

 

だから、諦めずに努力をし続ける。

 

ちょっと時を外すと、不安が押し寄せてる。

 

不安が大きくなると動けなくなる

 

夢中になれるって・・・・・・・行動し続ける事。

 

気学的に観ると「月星」が仕事運にあたる。

 

私の場合、月の星に「一白水星 丁卯」がついている。

 

人の真似できない仕事(何か)を命がけで捜し求める。

 

そんな意味がある。

 

可笑しいくらいにあたり~

 

だから、夢中になるのには面白くって、飽きない何かでないと夢中になれない。

 

人は達成感から爽快感を受け取る。

 

私の場合は「見つけた時の感動」と、それを「形にするプロセス」が夢中にさせる。

 

それは・・・・簡単に探せるものでもなく、簡単に形になる事もない。

 

簡単でないから・・・・・面白い♪

 

気学を知って、もっと面白くなったのは、結果の出し方に道があり、

険しい道も、楽しい道も、乗り越えられない岸壁のある道等々・・・・・・

 

すごいのは気学は諦めずに頑張れる方法を教えてくれる

 

私の場合はビジネスなので、自分の世界観にあう商品を作ること

 

簡単に言うと「本当に好きなもの」をお客様に提供するのでオリジナル商品の事。

 

 

できたらすべての人にものに感謝したくなり、本物の笑顔になれる。

 

面白いね♪

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

紅花栄  (べにばな さかう)

紅花が咲き誇るころ。

(小満:次候 )

推古天皇の時代(6世紀末から7世紀初め)に朝鮮半島を経て渡来。

江戸時代には『紅一匁(もんめ)金一匁』と大変高価な染料でした。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。