納音の「屋上土星」は力のない土

今日は納音(なっちん)を考えてみたいと思う。

あまり知られていない・・・・・なぜか?

干支を元に納めらた音を知る技法。

テーマは時。

例えば今日は中宮 二黒土星 丙戌の日。

どんな音が納められているかと読む。

「納(おさめ)る」という漢字は糸へんの内と書く。

糸へんは人間同士のご縁の事。

細くってか弱そうに見える・・・・でも、強いご縁の赤い糸。

内は内面を意味するので、人と人が見えないところで、ご縁でつながっているよ。

読み取る時には「今という時(時間)にどんな音が納めれているのか?」

丙戌と丁亥の日は同じ「屋上土性(おくじょうどせい)」となる

意味は、「屋根の上の土にて生気に乏しく、これではどんなものも育ちにくいから進出より退守に利あり」

今風に表現すると、昔は屋根に土を使ったのかもしれないが、屋根の土ってね乾いているから生気が少ない。

だからね、どんな植物も育ちにくい。

今日の出来事も「育ちにくい場」だから進出するよりも、撤退して時をまったがいいよ

そんな事をおしえてくれる。

一生懸命頑張るよりも冷静に無駄なエネルギーは出さずに、そばにいる人に笑顔で話してごらん。

もっと良い事あるからさってね。

昔の人は面白いことを教えてくれるね

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小雪11/22日~12/06

冬冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也(暦便覧)

北国や山間部で、チラホラと雪が降り始めるころ。

冬将軍が到来する時期。

七十二候

橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

橘の葉が黄葉し始めるころ 。

(小雪:末候 )

橘とは柑橘のことで、古くから日本に自生していました。常緑植物であることから「永遠」を意味するとされ、不老不死の実だといわれています。

*12月2日~12月6日ごろ

季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。