運気は身体づくりでよくなるよ

おはようございます

 

 

先日、目が痛くなった。

 

「PCの使い過ぎか?」と思う・・・・

 

そこで、五臓六腑の五臓の肝臓を調べてみた。

 

習慣的に悪いのは

 

・同僚やお客様などの接待やお付き合い飲み会・・・・・アルコール摂取、睡眠不足、過労に繋がる。

 

・風邪を引きやすいから、疲れやすいからと薬を飲む機会が多い・・・・薬物の摂取へ。

 

・時間が無いから簡単な食事・・・刺激が強いものや、油の多いものがほしくなる。

 

・コンビニはデザート系の甘い商品化に力をいれる、だから美味しいものができる。

 

普通の社会人なら全員が肝臓を酷使して、イライラしたり怒りっぽくなったりする

 

自律神経がバランスを崩し、不眠につながり、薬を常用する

 

現代人の生活は大人になるにしたがって、不のスパイラル・・・・

 

話をしてもイライラしているから楽しくないだろうし、怒りっぽいから家族も近寄らない。

 

顔色は悪く、爪に縦筋が入り、黄色い信号が出てきたら・・・注意

 

なんか・・・・寂しいね~

 

肝臓が弱るって事は人間関係も良くない常態になる。

 

例えば三碧木星の激しく行動して結果を出す人が、この状態になったら・・・

 

調子が悪いと周囲に撒き散らし、信頼を失い、アルコールや食事にのめりこむ。

 

激しいタイプなので自分ではコントロールできずに悩むだろう

 

考えるだけでも気の毒に思える。

 

肝臓を少し楽にするには、物事の受け止め方からが良い。

 

三碧木星の人は物事を「勝ち負け」で考える。

 

だから動きたくなる。

 

ならば、勝ちたいという気が動いたら・・・・数霊をつかって『一週間後で勝とう』とメモする。

 

この数字を一週間と決めるのがポイント。

 

なぜなら、すぐに動こうとするタイプだから・・・動いたのは計画であると納得させれて、焦りをとめる。

 

次に運動をしよう。

 

三碧木星は動きたいのだから・・・・例えばランニングでもいい、スポーツをする。

 

動きさえすれば納得するのが三碧木星の強み。

 

その後はゆっくりと、食事を一日二食にして、肝臓機能を強化する。

 

特に朝食はやめてみる、何故なら肝臓君にとっての朝は解毒作業の時間だから。

 

そして、肝臓に効くハブ茶やコク茶を入手して一休み

 

星によって対処の方法が違う。

 

気学の面白さだね

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

寒露 10/8日~11/7

陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也(暦便覧)

 秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入るころ。

七十二候

菊花開(きくのはなひらく)

菊の花が咲くころ。

(寒露:次候)

* 10月13日~10月17日ごろ
季節は晩秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。