気学で人材育成は三碧木星の困った君

おはようございます。

 

デンタルオフィース経営者の女性が相談に来た。

 

20代後半の若い医師(男性)で、使えない子をどうすればいいかというもの。

生年月日を見たら・・・話が上手で男性ぽい性格をも持った人。

経営者は五黄土星。

 

若い医師は三碧木星、相性は相剋となり経営者は若い医師に気をそがれる。

経営者は不安定になり、若い医師の言動は・・・・浅はかにしか聞こえない。

この状態を看護婦たちは察知して余計な助言を入れてくる。

 

彼女のデンタルオフィースは看護婦さんを含め女性が多い。

若い医師は自己主張も激しく・・・・・話え方もうまくない。

辞めさせた方がいいのか、別に育て方があるのかを教えてほしいという。

若い医師の治療技術はたしかなので、管理面を育てる方を提案・・・・

 

手順は

①経営者には若い医師のできる事と出来ない事の一覧表作成を依頼。

 (私から彼がなぜ出来ないのかを説明を丁寧にする)

②テーマは人間観察とヒヤリング能力の向上。

 (成功させる必要はない)

③6週間でステップ終了とする。

 

(動く事で冷静になるのが三碧木星)

テーマは治療院の業務(作業)分析と問題の報告書作成。

看護婦、他の先生方へのヒヤリングから始まって、みんなの意見をまとめてる。

 

 

※週一回での打ち合わせでは、結果を急がない事。

チェックポイントを褒めてあげ、そして課題を見つけて、次回に繋げる。

分析打ち合わせは3回は繰り返す。

 

※3回以上だと飽きてくる。

4回目からは報告書のチェックと看護婦、他の先生方へ分析結果を伝える。

5回目に最終チェック。

6回目に皆の前で褒めてあげる。

 

若い医師は仕事に対する別の楽しさが見えてくる。

認められたという感動。

 

三碧木星という星は褒められる事が・・・とってもうれしい。

他人に負けない自分がうれしく、みんなから評価されるともっとうれしい。

 

かわいい星なのです。

丁度・・・・・6週間が終了し先生からよろこんで連絡が来た。

 

いきいきと働いてくれていますとの事。

うれしいね~♪

 

でも・・・・・これは一時の変化、すぐに次の課題が出てくる。

 

人の成長はスパイラルに変化していくのです。

面白いよね。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

寒露 10/8日~11/7

陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也(暦便覧)

 秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入るころ。

七十二候

菊花開(きくのはなひらく)

菊の花が咲くころ。

(寒露:次候)

* 10月13日~10月17日ごろ
季節は晩秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。