気学的本物の定義

おはようございます。

今日は「本物」について。

まず、何の本物のなのかを考える

 

「自分自身の本物」と定義しよう。

芯がありブレない自分であること、それが本物の自分。

刀や絵やスポーツ等々、本物だって思える人沢山いる。

 

気学には自分の中の本物というのがある。

 

それは、人に流されず、流行に流されず、自分らしく生きる。

 

この「自分らしく」というのが問題で、何が自分なのか分らないって事あるよね。

考えたことがなければわからないのが普通なのです。

 

易経に変易、不易、易簡(いかん)という考え方がある。

 

自分の芯は変わらない、でも時代は流れていて変化し続ける。

 

自分が大切にしているものを変えずに時代に適応して変化する。

これってとっても簡単だよって事

 

不易は変わらない自分。

自分の中の不易の探し方は「飽きない事」です。

「くだらない」とか、「価値がない」とか人は言うかもしれない

 

人は人、自分は自分。

やり続けることができる何かが「本物」なのです。

 

・本物は自分を元気にしてくれる

・本物をもった元気な人は存在で人を幸せにできる

 

本物は人のお役に立てる能力。

 

そして、この能力はすべての人に与えられている。

 

どうか・・・・・自分の中の本物に気付こう。

 

きっと、一生をとおして極楽浄土となるでしょう。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

寒露 10/8日~11/7

陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也(暦便覧)

 秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入るころ。

七十二候

菊花開(きくのはなひらく)

菊の花が咲くころ。

(寒露:次候)

* 10月13日~10月17日ごろ
季節は晩秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。