願い事で【身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ】の沢天夬

おはようございます。
願い事で【身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ】の沢天夬(たくてんかい)が出たらどう読む?
改革を意味する卦は、二つの意味をおしえてくれる。
一陰卦は一致団結をしようとしても一人だけ強い権限を持つ人が足を引っ張る形。
なので、この人を「陰を陽」に変えることができれば願いは叶う。
相手の表面の強さ(反撥)だけをみたら失敗する。
内面の見えない姿をみたら、相手は陽に変わってくれます。
この卦が出たら自分でかえられれば吉となり、無理なら叶わない。
自分次第の易の読み方ですね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大雪12/7日~12/21

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)

大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

七十二候

閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)

天地の気が塞がって冬となる。

 空は重い雲に覆われ、生き物はじっと気をひそめています。

(大雪:初候)

*12月7日~12月11日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。