陰の活かし方

おはようございます。

今日は陰陽について。

太陽は昼に出て、夜には月がでる。

昼は元気に働き、笑い、周囲の人々と交流する。

そして、自分の価値を評価されてうれしくなる。

昼の陽に対して陰は休息し、動きがなく価値が無いように思える。

気学は教えてくれる「本当の価値は陰の使い方で決まる」とね。

 

陰の時間を有効に使う為には

「弱く未熟な自分」を受け入れなければらない。

未熟な自分を受け入れるのは辛い事。

 

なので簡単な五行の使い方を紹介。

 

嫌いな上司との面談や苦手な顧客との打ち合わせの時に使ってみよう。

 

まず、五行は季節であり「色」がある。

青は若さや勢いをあらわす。

赤は情熱や感動をあらわす。

茶色は土の蓄積や強い意志をあらわす。

金は価値をあらわす。

水は進化をあらわす。

 

嫌いな上司との面談の時に青空が目に入ったら「そうか・・・・成長するための話が聞けるかもしれない」と思ってみよう。

赤なら感動できるような閃きが湧いてくるかもと期待しよう。

そして、水色のポスターなら進化するヒントがもらえるかもしれない。

 

この時のポイントは【陽の自分】ではなく、【陰の自分】に問いかけてね。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード