相剋の関係は八白土星と四縁木星の相剋スタイル

おはようございます。

今日のお題は八白土星と四縁木星の相剋スタイル。

この二つの星は何故か衝突する関係。

 

いつも優しい四縁が八白には敵意をむきだす唯一の相手。

①八白は財産を蓄積する象意を持つ、これが一番の大切な強み。

②四縁は人間関係を穏便で平和にするのが一番の大切な強み。

なぜ、両者が衝突しやすいかといえば・・・・価値観の相違。

「幸せとは?」

このテーマに対しての考えると、八白はしっかり考えて計画立てて進む事と信じている。

四縁は「穏便でなおかつ平和に」から始まる。

 

タイミングにより両方の答えは正しいと思う。

しかし、その状況の把握は八白も四縁も弱い。

深く考える事が嫌いで情報集めが上手な四縁、考えて今という時に合わせて「オレの話を聞け」的な態度に出る八白。

四縁は言う「あの言い方が気にいらない」と言い「内容のない話だけする」から嫌いと言う八白。

両者が協力しあって物事に当たれば常に正しい結果となるだろうが、

これをするには互いの話を聞き、ちゃんと会話しなければならない。

両者の相剋は「聴く耳」を持たない相剋。

相剋は教えてくれる「相手の長所」を学びになさいってね。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

紅花栄  (べにばな さかう)

紅花が咲き誇るころ。

(小満:次候 )

推古天皇の時代(6世紀末から7世紀初め)に朝鮮半島を経て渡来。

江戸時代には『紅一匁(もんめ)金一匁』と大変高価な染料でした。

*5月26日~5月30日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。