陰陽を上手に使いこなそう♪

おはようございます。

今日も陰陽のお話です。

突然ですが、【夢】って何だと思う?

何故生まれるのかって考えたことある?

夢ってね起きている時に見るものなのですよ。

それは、脳が現実を受け止めて、満足していない何かを感じたときに「こうなったらいいな~」と思う、これが夢といわれる現象。

現実に変化がなければ、常に同じ事が繰り返され、

 不満足に対しての解決策として記憶に残る

そう、夢ってね昼の不足(不満足)から生み出させる

もう一つの夢は夜寝ているときに、脳に蓄積されている失敗などから生れる。

だから、過去の悲しい事、失敗して恥をかいた事などの、ストレスが脳に刺激を与えるから生まれる。

普通は朝起きたときには消えて忘れている。

という事で、私たちが願っている夢は「昼の満たされない現実」を解決する為のもの

「夢」を陰陽で整理すると。

陽は「行動する、考える、笑う、話す、楽しむ・・・・・ 等々の周囲の人間関係の中で使う方法」と定義する。

陰は満足する人生に「必要な心と身体」を作る方法と定義する。

陰は人生を豊にする為の土台。

この陰で作られた心と身体の安定をベースに陽を使う。

すると自分らしい時間(豊かな時間)にできる。

という事で・・・・・・豊かな人生にするためには陽の不足、不満足を楽しむ事ができれば、

脳に蓄積された刺激は薄まって、心と身体をケアーする夜の時間が作れる。

気学は教えてくれる、現実に起こっている不満足は、大きな問題ではなく

 気の迷いから生まれるものなのですとね

まずは、夜の時間を「心と身体を整える」事にしようね

すると・・・・・・・・・軸がしっかりして、迷いも少なる。

気の迷いから不満足が生まれ、

 不満足から陽の「願い」が生まれ、

  「願い事」を叶えようと、陰が元気になる夜の時間を奪う

気学は教えてくれる陰陽は陰が60%で陽は40%なのだと、時間配分も同じ。

陰の夜を上手に使うと、気が整い、迷いは小さくなり、

人生という時間は幸せな時間になるよってね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露 9/8日~9/22

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行く頃。

(白露:末候)

* 9月18日~9月22日ごろ
季節は仲秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。