相剋の関係は七赤金星と三碧木星

おはようございます。

今日のお題は七赤金星にとっての三碧木星の相剋スタイル。

この関係は七赤金星は無意識に行動することが三碧木星にとって剋となる。

 

明るく楽しむ事が大好きな七赤金星にとって、

目的にばかり集中して行動する三碧木星に価値を感じない。

 

日々の楽しい事を望む人にとっては七赤金星は良いが、

ビジネスとなったら三碧木星の方が役に立つ。

 

楽しい事だけではダメと知ってはいても、楽しい事に気が動いてしまう。

単純な三碧木星を「操り」結果を頂く。

 

最初はいいが、続けると三碧木星は「繰り返す事で上手になる」が、それだけ「楽する」七赤金星には「なまけもの」害が生じる。

 

自分が動かなくても、結果だけをゲットできる「ずるがしこさ」から自分は努力しない。

 

努力しない人は財(技術という財、忍耐という財、周囲からの信頼という財)が育たない。

 

気学は教えてくれる。

 

自分のプラスになる相剋を使い過ぎると、結果として財は流されて相手(三碧木星)に届く(笑)

 

松下幸之助の「たらいの原理」となり、タライの中の水を自分に引き寄せしようとするとするだけ向こうに行ってしまう。

 

面白いよね。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード