陰の命式は身心を強くする方法

おはようございます。

今日は誰でもが持つ「陰の命式」と「陽の命式」について。

誰でも人生の中で乗り越えなければならない事がある。

それが生年月日から導き出される宿命。

私は昨年、他界した義父の星翔が教えてくれた「九星気学」での宿命の考え方が一番好き。

九星気学の宿命とは「解決策」の事。

良く知られているのは・・・・・・

①吉方位を使い運気を変える方法。

②生年月日の裏星で思考・行動を変える、気付きから変化する方法。

最後がすばらしい、③生年月日から導きだされる二つの「陽の命式」と「陰の命式」を上手に使う方法。

ちょっとだけ考え方をご紹介

簡単に言うと母親の胎内で過ごす9ヶ月間で魂を育てる命式、これが陰の命式となる。

そして、誕生してから使うのが陽の命式となる。

私たちの持つ願い、希望、幸せのスタイルは「陽の命式」から作られる。

なので、外部の人間関係を意識して作られるのです。

人の中に陰陽の命式があり、人はこの陰の命式を60%で使い、陽の命式を40%で使う事で心も身体も安定する。

この方法を知る事で新しい命に進化する。

九星気学は沢山の解決策を探せる占いの方法。

面白いよね。

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

白露 9/8日~9/22

陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也(暦便覧)
朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。

七十二候

玄鳥去(つばめさる)

燕が南へ帰って行く頃。

(白露:末候)

* 9月18日~9月22日ごろ
季節は仲秋。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。