令和元年7月16日生まれの男子の育て方

おはようございます。

2019年7月16日生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は六白金星。

生日は四縁木星。甲寅。

傾斜は七赤金星。

宿命は七赤金星。

幼い頃はおとなしくって優しくかわいい子。

大人になると、責任感と承認欲求が強くなるのでしっかり考えて行動する人となる。

 

学業は認められて育つと集中して勉強ができるので成績優秀。

もし、認められずに育ってしまうと周囲への不満が強く勉強に集中できない。

 

「人に感動を与えるために生れてきた」なのに周囲の人と一緒に楽しむ事ができないかもしれないと、ご先祖様はは心配している。

 

成人した彼が悩むのは「言葉の使方がきつく周囲から嫌われる」事ではないかと思う。

 

どんなに正しい事を云っても、人はその言葉以上に好き嫌いで判断する。

 

八白男子は頭脳明晰なだけに言葉が辛辣に聞く側に届く。

 

なので自分の考えを話す前に「何か手伝う事ある?」を最初につけてみよう。

 

大人が彼に必ずこの言葉をつけるようにすると、彼は真似る。

 

頭脳明晰な人は真似るのが上手なもの、それが癖になったら誰からも嫌われない人となる。

 

きっと、誰からも信頼される素敵な男性に育つでしょう(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。