令和元年5月28日生まれの男子の育て方

おはようございます。

2019年5月28日生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は八白土星。

生日は八白土星。乙丑。

傾斜は六白金星。

宿命は二黒土星。

面白いよね、今日生まれの子供は年月日が八白土星です。

「ぎゃーーー凄く山のごとしに頑固な人になる」なんて考えてはダメです。

 

幼い頃は明るく楽しく、そして可愛く主張してくれるかわいい子。

大人になると、年月星が裏の星の七赤金星にかわります。

分かりやすく云うと、八白土星の頑固な山が七赤金星の沢のようにたのしい人に変わるのです(笑)

なので、常に周囲を楽しませようとサービスする人になります。

彼は一族、家族、組織を大切にする信頼できる男性になるのです。

 

でも、勉強はちょっと期待できません。

これだけ周囲を楽しませたいと思う人だから「ついつい周りを気にする」癖がついています。

勉強に集中できないのです。

 

「人を感動させるために生まれてきた」のに、人の話を聞くことが苦手とご先祖様は教えてくれている。

 

大人になった彼が悩むとすれば「いい人なのに仕事ができない」と思われる事。

 

なので「今は何をする?」と大人が口癖にする事です。

 

すると、何かをやろうとしたときに「今はこれ」と決断できるようになる。

 

きっと、明るく楽しくそして頼りになる素敵な男性に育つでしょう(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

啓蟄3/5日~3/19

陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出れば也(暦便覧)

啓蟄は冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃という意味。実際に虫が活動を始めるのはもう少し先。

柳の若芽が芽吹き蕗のとうの花が咲く頃である。

七十二候

蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)

冬蘢りの虫が出て来る 。(啓蟄:初候)

土の中で冬眠していた虫たちが、太陽の温もりを感じて外に顔を出し始めます。

*3月6日~3月10日

季節は仲春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。