令和元年5月5日の男子の育て方

おはようございます。                                  

201955                             

生まれの男の子の育て方について。             

生年は八白土星。                                         

生月は九紫火星。                                         

生日は六白金星。壬寅。                               

傾斜は四縁木星。                                         

宿命は七赤金星。                                         

幼い頃は、正義のヒーローのアニメが大好きな賢い男の子です。

率先してなんでもしてくれますよ。比較的育てやすいでしょう。                                      

大人になると、何ごとにも恐れずに弱気を助け強気を挫く聖者の男性になります。

頑固で慎重な面もあることから友人ができにくい感じです。

それでも一旦こころを許すと生涯の友をつくるタイプです。気難しいです。()

そんな彼の子育てポイントは?

「開放的に育てる」です!

彼は、こうあるべきと保守的に考えてしまうところがあります。

コミュニケーション力を上手に使いたいのに表現が上手くいかないもどかしさがあります。お母さんは、美術や学問などで共通の話題や趣味を持ちましょう。その中で伝統と固執は、違うと繰り返し教えてあげましょう。賢い子なので反応は、早いです。

一緒に一日一回「声にだして笑う」をこころがけてくださいね。

笑う門に福きたる!ですね。()

そうすることで彼は、肩の力を抜いて誰からも愛され社会に貢献する素晴らしい男性になることでしょう。

同じお腹から生まれた兄妹であったとしても人生の使命と宿命が違います。

事前に知って子育てに使えばきっと楽しいですよ。

 

愛媛教室の香翔より

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

寒露10/8日~10/22

陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也(暦便覧)

冷たい露の結ぶ頃。秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入る。

七十二候

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

蟀が戸の辺りで鳴くころ。(寒露:末候 )

蟋蟀は「ギーッ」「チョン」と機織りのように鳴くことから、「機織り虫(はたおりむし)」とも言われています。

*10月18日~10月22日ごろ

季節は仲秋

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。