平成31年㋃26日生まれの男子の育て方

おはようございます。

2019年4月26日生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は九紫火星。

生日は六白金星。

傾斜は四縁木星。

宿命は七赤金星。

幼い頃は明るいのに真面目なかわいい子。

大人になると、正義感が出てきますので頑固で真面目な男性に育つのです。

勉強は、ちょっとゆっくり自分のスタイルを探し、集中力がそだってくれば優秀な人になる。

もし、自分の環境に不満を感じるような愚痴の多い育ち方になったら勉強には苦労する。

「人に感動を与えるために生まれてきたのです」が人と楽しい人間関係を作ることが苦手とご先祖様は教えてくれている。

さて、彼が大人になった時の問題(悩み)は、周囲から面白さがない固い雰囲気で、楽しい関係構築ができない。

気分屋の所があるので、職場を転々としてしまうかもしれない。

「自分の事を理解してほしい」という願望も強いので、定着できない人生となるのです。

彼に楽しさを育てるには「笑いのツボ探しゲーム」を大人とするようにしましょう。

そして、ちょっと上手とおもったら大げさに褒めてあげましょう。

褒めて育てて結果を出せるかわいい子なのです。

大人も一緒に成長ですね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード