平成31年㋃18日生まれの男子の育て方ポイント

おはようございます。

2019年4月18日生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は九紫火星。

生日は七赤金星。乙酉。

傾斜は四縁木星。

宿命は六白金星。

幼い頃は可愛く周りと楽しくおしゃべりするかわいい子。

大人になると、責任感が育ってきて自分の考えを周囲に理解してもらいたくなる。

 

八白男子の中では育てやすいです。

 

苦手な人間関係も上手で、冷静に育つと仕事ができる信頼る人となる。

 

勉強は、自分の特徴を把握し資格試験にも合格できる、頭脳明晰な人。

 

「人を感動させるために生まれてきた」なのにちょっと自信がないとご先祖様はおしえてくれている。

 

成人した彼が自分に自信をもてるように育てるにはどうするか。

 

彼の魅力のお話上手が原因となり、物事をいい加減に片付ける癖。

 

つい楽しい事に気をゆるして、やるべきことをおろそかにする傾向が出てきます。

 

育て方のポイントはメリハリをつけて、事柄を処理する癖をつけましょう。

例えば、このことは誰にどんな影響をあたえるかというポイントを整理する癖です。

 

その事で何が重要かを理解し、自分なりの処理の方法を学ぶでしょう。

すると、仕事ができる素敵な男性になるです(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード