平成31年㋃14日生まれの男子の育て方

おはようございます。

昨日はさぼりました(笑)

今日から元気に頑張ります。

 

2019年4月14日生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は九紫火星。

生日は三碧木星。辛巳。

傾斜は四縁木星。

宿命は一白水星。

幼い頃は明るく活動的なかわいい子。

大人になると、正義感が育ちますので良く考えて行動できる人になります。

勉強は、集中できるように育てると成績優秀な人になりますが、

認められないで育つと、飽きっぽくなり勉強できない人になる。

「人を感動させるために生まれてきた」のに冷静に考えることができないとご先祖様はおしえてくれる。

彼は財を育てることができる素晴らしい男性になる要素を持っている。

この魅力を良くも悪くも育てるのは周囲の大人。

特に男性の存在なのです。

思春期には、未熟なのに人に対しては厳しいので嫌われる。

「自分にあまく他人に厳しい」ところが出てくるからね。

でも、それが財を育てることができる理由なのです。

「人の為に動き、周囲が協力している」

そんな人にそだてるのは「大人の忍耐」だけ。

子育てのポイントは本人ではなく周囲の大人にあるという事です(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。