平成31年㋃7日生まれの男子の育て方

おはようございます。

2019年4月7日生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は九紫火星。

生日は五黄土星。

傾斜は四縁木星。

宿命は八白土星。

 

幼い頃は明るく楽しいけど、落ち着いている子。

大人になると、責任感が強くなる。

年と日に土が入る彼はちょっとわかりにくい人になる。

 

仕事や勉強については、自分の考えをしっかり持っているので、目的があると成績は優秀です。

 

人を感動させるために生まれ来たが、変化させる勇気がない。

 

彼は「自分の役割」を自覚できたら、ものすごく人望があり、穏やかで頼りにできる男性となる。

でも、目標がないと飽きっぽく頭脳明晰だから人に対する攻撃が激しくなる。

 

彼を育てる時のポイントは人生のテーマを小さい頃から植え付ける事。

 

人に感謝される人になる事、それが自分を育ててくれるから。

しっかりしたテーマという錦の旗を持つ事でかってに育っていける。

そんな資源とパワーをもった人。

 

なので、小さい頃から絵本を読み聞かせしましょう。

 

八白男子は幼い頃に心を育てる事が一番大切なのです(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード