平成31年4月5日生まれの男子の育て方

おはようございます。

2019年4月5日生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は九紫火星。

生日は三碧木星。

傾斜は四縁木星。

宿命は一白水星。

今日から4月の盤となります。

したがって3月の一白水星の月から4月の九紫火星となる。

それは、冷静に考えて行動するタイプから、感動して表現するような明るい性格に変わるという事。

 

幼い頃は華があって明るく活発なかわいい子。

大人になると、責任感と出世欲が育ってくる。

評価されたいので努力もするが、主張がより激しくなる。

勉強はいろんな情報を集めて楽しくするので成績は優秀です。

「人を感動させるために生まれてきた」が思慮が不足しているので克服しなさいとご先祖様は教えてくれている。

八白男子の中では華やかさと軽さをもった信頼できる男性なので、彼の主張は女性や周囲に好まれる。

もてもての彼なのではと思います。

注意するポイントは、のりがよいだけ冷静に考えることが苦手だという事。

彼を育てる時には「他のやり方ある?」と質問をしてみよう。

もし、出てこなかったら視点を変えてみると出てくるよと教えてみましょう。

頭脳明晰なだけ自分の考え方に固執しないように、柔らか頭を育ててあげるともっと人生楽しくなります(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

黄鶯睍睆(おうこうけんかんす)

鶯が山里で鳴き始める。

(立春:次候)

早春に「ホーホケキョ」と美しい声を響かせて鳴く鶯は「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれています。

また、その年最初に聞く声を「初音(はつね)」と呼びます。

2月9日~2月13日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード