平成31年4月1日生まれの男子の育て方

おはようございます。

2019年4月1日の生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は一白水星。

生日は八白土星。

傾斜は三碧木星。

宿命は五黄土星。

幼い頃は自分を見てと主張するかわいい子。

大人になると、責任感と正義感が育ってきます。

全体的男星だらけの子なので、柔らかさがない信頼される人。

勉強は早くはないがしっかり現実を直視して、自分で考え行動でるので成績は優秀になるでしょう。

「人に感動を与えるために生まれてきました」でも、人間関係を調整できないとご先祖様は教えてくれている。

八白男子らしい彼は「財を蓄積し家族(仲間)を幸せにできる人」なのです。

素敵だとおもいませんか?

凄いんです。

だから、育てる時の大人は相当な苦労するのです。

子育てとは「親(自分)育て」の事。それを教えてくれるのが彼なのです。

失敗すると陰(愚痴)が多く、言葉や態度で人を傷つける人になる。

自分はできないくせに人には厳しい事を云う人。

いるだけで、雰囲気がわるくなる偏屈な男性。

成功すると、明るく人を楽しませてくれる。

そして何よりも自分が率先して行動し、周りを助けてくれる頼りになる男性です。

したがって財運も強くなる人。

成功する子育てのポイントは「親の忍耐」

思春期頃になると、未熟な自分をさしおいて主張するようになってきます。

八白土星は陰が強いので、シツコク繰り返してくる。

これが大人には面倒にうざく感じるようになるのです。

面倒になって無視するともっと反撃が強くなる。

結果、取り扱いが難しい偏屈大人になる。

対策は、忍耐+傾聴です。言葉の裏にある寂しさや強がりを受けてめてあげる事。

上からの目線ではなく、しっかり目線を合わせて話をすること。

これだけで財を生む頼りになる男性が育つのです(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

水仙の花が咲くころ。

「金盞きんせん」とは、水仙の別名で、黄金の杯を意味してます。

(立冬:末候)

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。