平成31年3月21日生まれの男子の育て方

おはようございます。

2019年3月21日

生まれの男の子の育て方について。

生年は八白土星。

生月は一白水星。

生日は六白金星。

傾斜は三碧木星。

宿命は七赤金星。

幼い頃はおとなしく口数の少ない子。

ママはとっても育てやすい。

大人になると、責任感と正義感が超強くなる。

思春期にはいると「他人には厳しく、自分には甘い」、そんなバランスの悪さが強く出てくる。

八白土星は頭の良い星なので、人に対するものの見方が厳しいので、言葉もきつくなる。

ついでに日星が六白金星なので、言葉に優しさがなく言葉の数が少ないのです。

当然、相手の心は傷つきますので嫌われやすい人になる。

ところが、「大人の育て方」で信頼できて、頼りになる男性となる可能性も高い。

それは、八白土星は三男の末っ子の星。

分かってほしいのです。

だから粘り強く(しつこく)自分の主張を通そうとする。

周囲の大人からすると「彼の将来の為」躾を厳しくする。

これが、彼の「分かってほしい」という願望と正面衝突する。

結果、彼はもっとシツコク自分の主張をする。

この時に大人は、言葉の裏にある思いを受け止める。

すると「受け入れられた事に満足」して、冷静に考えられるようになる。

きっと素敵な男性に育つでしょう(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小満(5/20日~6/4

万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る(暦便覧)

万物が次第に長じて天地に満ち始めるという意味から小満と言われています。

七十二候

麦秋至(むぎのときいたる)

麦が熟し、麦にとっての収穫の「秋」であることから名づけられた季節。(小満:末候 )

大麦は世界最古の穀物の一つ。

およそ1万年ほど前から西アジアから中央アジアで栽培。奈良時代には日本各地で栽培されていました。

 

* 5月31日~6月4日ごろ

季節は初夏。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。