平成31年3月5日生まれの男子の育て方

おはようございます。

今日生まれた男の子の育て方。

生年が八白土星。

生月が二黒土星。

生日が八白土星。

傾斜が二黒土星。

宿命が五黄土星。

うーーーーん、とっても土星の強い子です。

土は大地の事で、守る、育てる、蓄積するの三要素をもっています。

彼はそれを自分で待ちたい、役目をはたしたいと願うのです。

家族や仲間の役にたち、みんなに愛されたいと思う。

これが三男の星、八白土星。

普通の土よりも強く願い、行動するのです(笑)

 

小さい頃は可愛く人の話をきいて穏やかそうに見えて、

意外と自己主張をする子。

大人になると責任感が育ってきます。

土の特性の強い子なので、理解してもらおうと努力する。

その方法は主張することから始まる。

従って粘り強く、しつこく主張(笑)

 

勉強は極めておそいが、自分のスタイルを気づいたらしっかりと勉強し、人間的にもすなおになれます。

 

「人に感動を伝えるために生まれてきた」なのに人間関係を調整することが苦手とご先祖様は教えてくれている。

彼を素敵な男性にそだてようとしたら、小さい頃からの大人の対応がポイント。

彼の気持ちをしっかり受け止め「彼が気づくまで待つ事」です。

待つ事でかれは正しい答えを出すことができるのです(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

小雪11/22日~12/06

冬冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるがゆへ也(暦便覧)

北国や山間部で、チラホラと雪が降り始めるころ。

冬将軍が到来する時期。

七十二候

橘始黄(たちばなはじめてきばむ)

橘の葉が黄葉し始めるころ 。

(小雪:末候 )

橘とは柑橘のことで、古くから日本に自生していました。常緑植物であることから「永遠」を意味するとされ、不老不死の実だといわれています。

*12月2日~12月6日ごろ

季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。