平成31年3月2日生まれの男の子の育て方

2019年3月2日(土曜日)

今日生まれた男の子の育て方。

生年は八白土星。

生月は二黒土星。

生日は五黄土星。

傾斜は二黒土星。

宿命が八白土星となる。

全体的に土の多い人。

小さい頃の性格は、月と日で読み取るので、誰に対しても優しくかわいい子。

大人の男性になると、年の八白土星がでてくるので責任感がでてきて、自分の考方を先に伝えようとする。

会議でも、普通の会話でも、否定的な言葉から始まるようになる。

それでも、成長過程の大人の対応で大きく変わるのがこのタイプ。

長所で育つと、冷静でしっかり考えて結果を出せる信頼される男性に。

短所で育つと、周囲の理解を得られないと「何回でも同じ話を繰り返す」自己主張型の人。

勉強はゆっくりと一歩一歩進むので、親がイライラしてせかしても成績は気分次第。

「感動させるために生まれてきた」のに理解されずに悩む事になるかもしれない。

そんな彼を良く育てるのは「大人の忍耐」で成長過程(10歳ぐらいから15歳)までを話を聞く。

否定的で攻撃的な自己主張しっかり受け止める。

納得や同意ではなく、彼の真意は何かを受け止める事。

事実と異なることを主張するときも「何を伝えたい?」と自問自答を繰り返すように子育てをする。

でも、長所育ってくると、この忍耐は終了。

徐々に自我が芽生え、落ち着いて考えれるようになるとしっかりした人になるのです。

子育ては面白いよね。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

地始凍(ちはじめてこおる)

大地が凍り始めるころ。

「凍る」は、水以外のものをいい、「氷る」は水が氷になることを云う

(立冬:次候)

*11月12日~11月16日ころ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。