平成31年2月14日生まれの男の子の育て方

おはようございます。

2019年2月14日 木曜日。

中宮七赤金星の象意は天、

干支は壬午は諦めずに情熱をささげることを意味する。

という事で今日生まれた男の子の気学的育て方についてご紹介。

生年が八白土星。

生月が二黒土星。

生日が七赤金星。

傾斜は二黒土星。

宿命は四縁木星。

使命は九紫火星。

性格は年と日でよみますので、しっかり考えて行動する信頼できる人なのに、ちょっといい加減な可愛い所がある。

小さい頃は、誰に対しても楽しく優しい子、でも大人になると責任感が強くなり、自分の意見を強く主張する人となる。

勉強の方法は、自分のペースで一歩一歩丁寧に進みます。

決してのみ込みが速い子ではないので、人と比較して焦らせてはいけません。

「人に感動を伝える為に生まれてきた」のですが、人と仲良くするのが苦手とあります。

こんな彼には、今日感じたことを言葉にさせます。

話の内容が他の子よりも幼稚に感じられると思います。

何故か?、三男の星なので「自分は役に立つ子」になりたいと願望しています。

なので大人にはこの会話はちょっと忍耐です。

でも、しっかり聞く姿勢が彼に安心を与え、成長させるのです。

彼を成長させたいとおもったら、大人の忍耐を育てる事からですね。

大人になると「頼りになる」男性になるでしょう(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立春(2/4日~2/18

春の気たつを以て也(暦便覧)

この日から立夏の前日までが春。

まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

七十二候

東風解凍(はるかぜこおりをとく)

東風が厚い氷を解かし始める 。

(立春:初候)

古来日本では、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。

飛鳥時代に中国から「二十四節気」が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、 立春を一年の初めとして暦が作成されるようになったそうです。

2月4日~2月8日ごろ

季節は初春

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード