平成31年2月6日生まれの男の子の育て方

おはようございます。

2019年2月6日水曜日。

中宮は八白土星の象意は山、干支は甲戌。

今日生まれの男の子は、どう育てるか?

性格は年星(八白土星)と日星(八白土星)で読み取りますので、とってもしっかりと考えて行動し結果を出せる子。

勉強の方法は傾斜(八白土星)にむかって、月星(二黒土星)で、変化(変わりたい)方向に向かって月星(二黒土星)であせらず一歩一歩とゆっくりと進む。

男の子なので「機転が利く」タイプよりも、ぐっちょくに進むタイプとなる。

「感動したことを伝える」為にこの世に生まれてきました。

でも、周囲を調整する強さがありません。

この子を育てる時には、二つの注意が必要です。

一つ目は、男の子の場合は、自分はここには必要ないと思ってしまうと「心の殻」に閉じこもるか、ほかの場所に行きたくなる。

なので、しっかりと「あなたは大切な人、信じて応援しているよ」と繰り返して伝えてください。

子供の頃の八白土星はさみしがりやなので、しっかりと両親は受け止めて、話をしましょうね。

もう一つの注意ポイントは、調整能力の未熟さです。

寂しがりやだから「僕の気持ちを聞いてほしい」という願望が先にでて、自己主張をしたがります。

それも、強く激しく出てくる場合がある。

それでは、人間関係の調整はできないので「他人を冷静」みる訓練をしましょう。

頭が良いので分析して、考えるという手順でね。

そうすることで、人を先に分析できる「頭の良い子」を育てることになるのです。

八白土星の男の子は「信じられている」「役に立てる自分」からスタートします。

子育ては面白いよね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

地始凍(ちはじめてこおる)

大地が凍り始めるころ。

「凍る」は、水以外のものをいい、「氷る」は水が氷になることを云う

(立冬:次候)

*11月12日~11月16日ころ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。