平成31年1月27日生まれの男の子の育て方ポイント

2019年1月27日日曜日です。

中宮は七赤金星の象意は沢を意味し、干支は甲子、智慧を意味する十干「甲」は摩訶不思議、予想不可能な事を意味し、十二支の「子」は新しい何かを生み出す事を表します。

という事で今日生まれた男の子の育てかたポイントを紹介します。

生年は九紫火星。

生月は三碧木星。

生日は七赤金星。

性格は、明るくて優しく楽しませてくれる事。でも、ちょっとだけいい加減な気分屋さん。

お勉強のしかたは、周囲の人に気配りをしながら早く結果を出そうと努力する。

「早く結果を出す」為に生まれてきましたが、人見知りなところがあるので警戒するところがあって誤解されやすい。

このお子さんを育てる時のコツは、自分から話しかけるようにします。

勇気を出してお話したら褒めてあげましょう。

そうすると運気の良い子に育ちますよ。早翔より

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

地始凍(ちはじめてこおる)

大地が凍り始めるころ。

「凍る」は、水以外のものをいい、「氷る」は水が氷になることを云う

(立冬:次候)

*11月12日~11月16日ころ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。