【飛ぶ鳥山を過(す)ぐるの象】の雷山小過

おはようございます。

【飛ぶ鳥山を過(す)ぐるの象】の雷山小過(らいざんしょうか)。

卦の形は、三爻と四爻が陽という、二陽四陰なのでタイミングを取るのが難しい。

力不足だったりして落ち込みやすい運気。

一生懸命頑張っても小さな成果しか残せない時期なのです。

●日常生活は少し節約するくらいが良い

●どちらもよくも悪くも度をこさない方が良い。

●高望みしないこと

●背中合わせ、不和、反目を意味する。

ということで、こんな時は身体を休めた方が良いよね(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬11/8日~11/21

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)

北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

七十二候

地始凍(ちはじめてこおる)

大地が凍り始めるころ。

「凍る」は、水以外のものをいい、「氷る」は水が氷になることを云う

(立冬:次候)

*11月12日~11月16日ころ
季節は初冬。

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。