【鯉竜門(とうりゅうもん)に昇るの象】の沢地崒(たくちすい)

おはようございます。

【鯉竜門(とうりゅうもん)に昇るの象】の沢地崒(たくちすい)。

卦の形は、二陽四陰の卦。

卦の場所は、部長と社長が陽で頑張るが、それ以下の部下はすべて

他人に頼りっぱなし、そればかりか実権をもつ会長まで、腰砕け。

なので、タイミングが悪かったり力不足だったりして落ち込みやすい運気となる。

●登竜門(とうりゅうもん)であらわされるよね。 

 初爻、二爻、三爻=ヒレ

●権威のある人のところに集まる象

●王様が祖先に感謝し、民衆を集めて、政治がこれからも

 上手くいくようにと、立派な生贄(いけにえ)を捧げて

 お祀りした祭政の卦。

●冠婚葬祭 儀礼にはケチらないこと

ということで、これからは大変だけど、頑張っていくと良い方向に向かいます(笑)

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬 (11/8~ 11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来くる。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

金盞は、水仙の別名で黄金の杯を意味しています。  〔立冬の末

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。