【身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ】の沢天夬

おはようございます。

【身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ】の沢天夬(たくてんかい)。

卦の形は、会社で言えば上爻の会長の場所が陰の独陰卦。

一陰卦のことで、六爻の中に一つだけ陰。

社内が一致団結しているが、一人だけ足を引っぱる人がいる。

解決するときには、陰になっているのだから、力で押しても無理。

ここは、彼の心が変わるまで、忍耐しながら待つのが一番。

実権(権力、財力のある人)なので、陰になっているのだから

ゆるゆると押してゆくのがよい。大丈夫部下たちが貞(ただ)しければ、

良い結果となる。

●皆の意見は一致しているのに・・・トップ(代表権のある会長)

 だけが意地をはって張り反対を向いている象。

●能のないトップに対して、下のモノの考えは団結している

 のだが、下手に働くと自分にしっぺ返しが来るので、手が

 出せない状態。

どんなに力がある人でも、陰になったら不安から何をするか分からなくなる。

注意して、行動しようねと教えてくれている(笑)

 

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬 (11/8~ 11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来くる。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

金盞は、水仙の別名で黄金の杯を意味しています。  〔立冬の末

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。