【匣(こう)中物を秘するの意】の山雷頤(さんらいい)

【匣(こう)中物を秘するの意】の山雷頤(さんらいい)。

卦の形は、二陽四陰卦でタイミングが悪かったり力不足だったりして落ち込みやすい運気。

意味は「上あごは動かないが下あごは動く」これは自分の方から動くということ。

そうすると物事が動くというのです。

 

●食べるには困らないが、口の禍には気をつけること

●養う為に自分が働く

●商売や仕事を始めるのは良い

●他人や兄弟と力を合わせて動く

 

というように、協力の大切さを教えてくれるね。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大雪 (12/7~ 12/21)

雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)
山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

七十二候

熊蟄穴(くまあなにこもる)

熊が冬眠のために穴に隠れる 。 〔大雪の次

*12月12日~12月15日ごろ
季節は仲冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。