【門内美を競うの象】の山火賁(さんかび)

おはようございます。

 

今日の卦は【門内美を競うの象】の山火賁(さんかび)。

 

三陰三陽】陰陽のバランスが良いので、途中で色んなことがあっても、

結果は良いようになることが多い。

 

イメージは火山旅は遠くからみえる火だが、

山火賁は山のふもとのもみじなど照り返しなので、

その美しさは遠くまで届かない山の端を照らす夕日。

直ぐに沈んで照り返しは「何時までも美しくない衰えてゆく美しさ」

黄昏時の美しさ。

 

意味は、

●良さそうな話でも、手に入れるとインチキだったりするので、騙されないようにね。

●内実が伴わない光ありて輝かず。

●表向きは良いが、見掛けに惑わされないこと。

 

ちっと悲しい卦ですよね。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬 (11/8~ 11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来くる。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

金盞は、水仙の別名で黄金の杯を意味しています。  〔立冬の末

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。