行き過ぎを意味する雷山小過

易の64卦62番は小事に於ける行き過ぎを意味する雷山小過(らいざんしょうか)。

上爻は遇(あ)わずこれを過ぐ。飛鳥(ひちょう)これが凶に離(かか)る。これを災眚(さいせい)と謂(い)う」。

災は天から降ってくる災い。

眚(せい)は人間が自分で招く災い。

私利私欲でせこせこしている人間が、なぜか運に乗って上位まで上り詰めたところで、ボロがではじめた状態。

それは実力がないのに鳥が高く飛びすぎて射落とされるような凶運。

自分の為にだけ金をばらまいて子分を作り、勢力を張るような愚かなことをしていれば、必ずいつかその不始末は表ざたになり裁判にかかり、信用をなくしたりするのです。

天災と人災がいっしょにきたような凶運です。

ご注意ですね。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

大寒(1/20日~2/3

冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也(暦便覧)

一年で一番寒さの厳しい頃 。逆の味方をすれば、これからは暖かくなると言うことである。

春はもう目前である。

七十二候

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)

鶏が卵を産み始める 。

(大寒:末候)

自然な状態での鶏は、冬は卵を産まない日も多い。その鶏が、春の気配を感じて卵を産み始める頃です。

1月30日~2月3日ごろ

季節は晩冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)
東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード