賢人を養う意味がある火風鼎

易の64卦50番は賢人を養う意味がある火風鼎(かふうてい)。

上爻は「鼎玉鉉(かなえぎょくげん)あり。大吉。利あらざるなし」。

玉は固いけれど温かみがある宝石です。

「鼎(なかえ)」の卦の一番上の位置にいます。

上位にいる人ですが、剛直な志をもちながら、柔和で温かい人柄です。

人々に慕われ尊敬されている大人物です。

どんな大仕事でもならないことはない、というような大吉の運気です。

ここまでの人柄は、よく煮込んだごちそうのように、さまざま苦労を味付けにした人生の結果ということも覚えておくことです。

三才観伝承學「翔氣塾」

翔氣塾では天地人の三才を大切にし、九星気学の「占筮」と「義理(理論)」を学ぶ教室です。

二十四節気

立冬 (11/8~ 11/21)

冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来くる。

七十二候

金盞香(きんせんかさく)

金盞は、水仙の別名で黄金の杯を意味しています。  〔立冬の末

*11月17日~11月21日ごろ
季節は初冬

お問い合せ

翔氣塾(しょうきじゅく)東京・三軒茶屋

[運営会社]

㈱ジェーアンドビー教育事業部 

TEL  : 03-5430-7476

Mail:shoukijyuku@jandb.co.jp

受付時間 :平日 9:00~18:00   

塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です
塾生限定:閲覧にはパスワードが必要です

スマホサイト

QRコード

 

翔氣塾は東洋易学学会・日本表札相学協会関東地区本部 及び東京支部です。